健康産業有望プラン発掘コンテスト 2018

1.目的

大阪府では、健康寿命延伸産業分野での新事業の創出を支援するため「大阪健康寿命延伸産業創出プラットフォーム(OKJP)」を設置し、健康関連事業を実施する事業者の取り組みを、産学金官が連携してサポートしています。

平成30年度は、専門人材(ヘルスケア・アクセラレーター※1)を活用し、健康関連事業の創出に向けて、OKJPを通じて事業化支援を行うことにより、大阪での新事業創出、新たな付加価値の創出を支援していきます。

その取組みの一環として、健康寿命延伸に向けたビジネスの企画や事業化1年程度のビジネスプランを審査対象とし、事業化支援を行うビジネスプランを選定するための「健康産業有望プラン発掘コンテスト2018」を開催します。

優れたビジネスプランについては、ヘルスケア・アクセラレーター(※)等による伴走支援を実施します。

(※)ヘルスケア分野特有の専門知識やビジネスノウハウ等を提供し、地域におけるヘルスケアビジネス創出に向けた事業化支援、経営支援活動を行う金融機関関係者や中小企業診断士などで、経済産業省が実施する人材育成プログラムを修了した者。

2.コンテスト(最終審査)開催

  • (1) 名称:健康産業有望プラン発掘コンテスト2018
  • (2) 主催:大阪府
  • (3) 日時:平成30年 12月 20日(木)(開催時刻は 13:00~15:00 頃の予定)
  • (4) 会場:大阪イノベーションハブ(大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪C棟7F)

※公開プレゼンによる審査、審査結果発表、表彰式を行います。

昨年の様子はこちら

3.健康産業有望プラン発掘コンテストのテーマ

健康ビジネスイノベーション

募集要項(PDF)のダウンロードはこちらから

コンテスト募集チラシ(PDF)のダウンロードはこちらから

1.スケジュール

  • (1) 07月20日(金):募集開始
  • (2) 08月08日(水):説明会
  • (3) 10月19日(金)正午:募集締切り
  • (4) 10月19日(金)~10月22日(月):1次審査(書類審査)
  • (5) 10月23日(火):1次審査結果発表
  • (6) 10月31日(水)、11月1日(木):2次審査(面談)
  • (7) 11月02日(金):2次審査結果発表
  • (8) 11月上旬~12月7日(金):プレゼン練習会
  • (9) 11月14日(水)~11月16日(金):プレファイナルイベント
  • (10) 12月20日(木):健康産業有望プラン発掘コンテスト2018(公開プレゼン審査)、表彰
  • (11) 平成31年1月~3月:受賞プランについてヘルスケア・アクセラレーター(※1)等による伴走支援

2.応募資格

応募に際しての資格要件は、以下の通りです。

  • (1) 法人格を有する団体・企業及びそれらに所属するプロジェクトチーム、若しくは、個人事業主又は学生であること。
  • (2) 健康寿命延伸に向けたビジネスの構想段階のプランや事業化1年程度のビジネスプランを対象とする。
  • (3) 平成30年10月31日(水)又は11月1日(木)の2次審査に参加できること。
  • (4) 平成30年12月20日(木)の公開プレゼンに参加できること。
  • (5) 宗教活動や政治活動を目的としていないこと。
  • (6) 消費税及び地方消費税を完納していること。
  • (7) 大阪府入札参加停止要綱に基づく入札参加停止措置を受けている者又は同要綱別表各号に掲げる措置要件に該当する者でないこと。
  • (8) 大阪府公共工事等に関する暴力団排除措置要綱に基づく入札参加除外措置を受けている者又は同要綱別表各号に掲げる措置要件に該当する者でないこと。
  • (9) 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第1項に規定する風俗営業又は同条第5項に規定する性風俗関連特殊営業を府内において営んでいない者であること。

3.募集内容

健康ビジネスイノベーションをテーマとした以下の例に挙げられるような、健康寿命延伸につながる事業を募集します。

  • (1) AI/IoT等のICT技術を活用し、健康寿命延伸を実現するサービス及び製品
  • (2) 保険外の介護予防により、健康寿命延伸を実現するサービス及び製品
  • (3) 企業内における健康経営を支援するビジネスにより、健康寿命延伸を実現するサービス及び製品
  • (4) 中高年の健康意識の向上、自主的な健康行動を増加させるサービス及び製品
  • (5) 予防医療・介護予防等現状の課題を解決するサービス及び製品
  • (6) 地域の資源を活かした食分野やその素材を扱う農業、或いは観光により、健康寿命延伸を実現するサービス及び製品

4. 説明会

以下の日程にて説明会を開催します。

  • (1) 日時:平成30年8月8日(水)16:00~17:00
  • (2) 場所:大阪イノベーションハブ(大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪C棟7F)
  • (3) 定員:100名
  • (4) 参加費:無料
  • (5) 申込み:OKJPホームページ(http://kenko-osaka.jp/)よりお申込みください。

※応募及び審査にあたって説明会出席の有無は問いません。また、審査にあたって説明会の出席有無は無関係です。

5.応募方法

以下の日程にて説明会を開催します。

  • (1) 応募締切:平成30年10月19日(金)正午
  • (2) 応募方法:募集サイト(http://kenko-osaka.jp)より、所定のエントリーシート(様式1)をダウンロードし、応募期間中に以下の提出先Eメールアドレスまで、ファイルを添付してお送りください。別途パンフレット等がある場合は添付してください。
  • (3) 応募書類提出先e-mail:kenko-osaka@toshigata.ne.jp

※エントリーシートが5MBを超える場合、その旨を上記Eメールアドレスまでご連絡ください。

エントリーシート(word)のダウンロードはこちらから

6.主な審査基準

下記(1)から(3)の観点で審査いたします。

  • (1) 大阪府内での事業性
  • (2) 新規性・革新性・実現性(事業実現のための調達計画を含む。)
  • (3) 成長性・将来性

また、有識者等で構成される選考委員が審査を行う健康産業有望プラン発掘コンテスト(公開プレゼン審査)では、これらに「事業に対する熱意」が加わります。

7.審査の流れ

審査は(1)1次審査(書類審査)、(2)2次審査(面談)、(3)「健康産業有望プラン発掘コンテスト(公開プレゼン審査)」の順で行います。

  • (1) 1次審査(書類審査)
    • ① 審査機関:平成30年10月19日(金)~10月22日(月)
    • ② 結果発表:平成30年10月23日(火)
    • ③ 結果通知:エントリーシートの「連絡先」宛に、結果をEメールで通知します。
    • なお、1次審査通過者には、面談希望日程に基づき、2次審査の時間、場所を併せてお知らせいたします。
  • (2) 2次審査(面談)
    • ① 審査機関:平成30年10月31日(水)又は11月1日(木)
    • ② 面談場所:大阪産業創造館(大阪市中央区本町1-4-5)(予定)
    • ③ 面談内容:有識者(中小企業診断士等)同席のもと、ビジネスプランについて質疑します。
    • ④ 結果発表:平成30年11月2日(金)
    • ⑤ 結果通知:エントリーシートの「連絡先」宛に、結果をEメールで通知します。
    • なお、2次審査通過者(ファイナリスト)には、健康産業有望プラン発掘コンテスト(公開プレゼン審査)の詳細を併せてお知らせします。
  • (3) 健康産業有望プラン発掘コンテスト2018(公開プレゼン審査)
    • ① 日時:平成30年12月20日(木)(開催時刻は 13:00~15:00 頃の予定)
    • ② 会場:大阪イノベーションハブ(大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪C棟7F)
    • ③ 審査:7分間のプレゼンテーション
  • ※プレファイナルイベント
    • ① 日時:平成30年11月14日(水)~16日(金)
    • ② 会場:インテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)
    • ③ 内容:「第2回ウェルネスライフジャパン」にてファイナリストによるポスターセッション等

8.留意事項

  • (1) 締切日時を経過しての応募申請は、無効となります。
  • (2) 応募書類の記載内容に空欄などの不備がある場合は、審査の対象となりません。
  • (3) 本募集要項に示された様式以外での応募は、認められません。
  • (4) 応募後の書類等の変更、差し替えは、認められません。
  • (5) 選考状況・選考結果等に関する個別のお問い合わせには、一切お答えできません。
  • (6) 応募者名や応募プランは内容の一部をホームページ等で公表する場合があります。また、プレゼン審査・表彰式は一般公開で行います。特別なノウハウや秘密事項については応募者の責任において法的保護の対策をした上で、公表しても差し支えない範囲で応募してください。
  • (7) 応募プラン作成のための経費及び審査への参加のための交通費等は、自己負担となります。

1.表彰

コンテスト(公開プレゼン審査)の審査結果に基づき、各賞の受賞者を決定します。

  • (1) 最優秀賞:大阪府知事賞(1社)
  • (2) 優秀賞(2社)
  • (3) 大阪シティ信用金庫賞(2社)

なお、特別協賛の大阪シティ信用金庫より、事業化支援資金として、最優秀賞に50万円、優秀賞に10万円×2社、大阪シティ信用金庫賞10万円×2社、ファイナリストに1万円の商品券×10社が提供されます。

2.受賞者に対する支援内容(予定)

  • (1) 最優秀賞及び優秀賞に対する事業化支援資金(再掲)
  • (2) ヘルスケア・アクセラレーター等による伴走支援(事業化進捗管理、事業計画支援、実証支援、開発支援、企業間連携支援、販路拡大支援、プロモーション支援、展示会出展支援、資金調達支援、国等公募提案支援等)
  • (3) 雑誌等メディアへの掲載
  • (4) その他、最終審査に勝ち残ったビジネスプランに対して、OKJPの支援機関(大学、金融機関等)の他、創業支援機関等から個別にサポートいただけるよう働きかも行います。

1. 資格要件について

事業化1年程度とありますが、どのように判断すればいいでしょうか?
今回であれば、2017年に事業スタートということになります。ただ、「3年前から開発」は「計画中」というご認識で構いません。
また、開発後、2017年から事業を開始したということであれば、事業化1年程度という要件の対象になります。
なお、長年ヘルスケアビジネスを営んでおられる企業や、すでに事業化されているものであっても、今回、新たな販売方法やマーケティング等により、新たな商品やサービスを事業化するためのプランであれば、対象となります。
他の助成事業を受けていますが、エントリー可能でしょうか?
問題ありません。
むしろ、他の助成事業を受けたことをPRしてただいても構いません。
1社・1団体で1プラン応募のみに限定されるのでしょうか?
応募プランの数は任意ですが、事業の実現・継続を目指すプランをご応募いただくことを想定しております。
複数プランを応募いただいた場合、その複数プランを実現・継続できるか否かも審査上のポイントとなります。

2. 審査項目について

大阪府内での事業性と審査項目にあるが大阪府内に事務所がないと審査対象外となるのか?
企業の所在地は問いません。全国展開の事業であっても特に大阪での事業の方向性、健康寿命延伸につながる手法等を記載ください。

3. エントリーシートについて

様式1の団体名や代表者名とは、法人の代表者なのか、申請チームや部署の代表者なのか、どちらを記載すればいいのでしょうか?
法人として申請するのであれば法人代表者を、チームや部署として申請するのであればそれぞれの代表者を記載してください。
アクションプラン&数値計画の記載について、1~3年後に売上が上がらない計画の場合はどうすればいいのでしょうか?
売上を記載できなくても、「必要資金」や「事業の実現・継続の仕組み」に対するアクションについて記載され、整合性がとれていれば問題ありません。
また、「10年後の目標」に長期的な展望を記載してください。

4. その他

経済産業省のビジネスプランコンテストには医師が関わっておられるケースが多い中、自社の事業では医師が関わっていませんが、問題ないでしょうか?
問題ありません。
事業に必要だと判断しておられる場合であれば、今後予定として、関わりをもたれる、伴走支援を受けられる、ということでも構いません。
社内規定により事業化支援資金を受け取ることができないのですが、問題ないでしょうか?
事業化支援資金をご辞退いただくことは可能ですが、受賞いただいた方には、表彰式での表彰状・事業化支援資金のパネル授与へのご参加をお願いいたします。

公益財団法人大阪市都市型産業振興センター

電話:06-6271-0306
FAX:06-6271-0305
E-mail:kenko-osaka@toshigata.ne.jp

ページトップへ


運営者

大阪健康寿命延伸産業創出プラットフォーム
OKJP事務局

大阪市中央区本町1-1-3 本町橋西ビル501号 (公益財団法人大阪市都市型産業振興センター内)
電 話 : 06-6271-0306

お問合せ

お問合せは、下記フォームよりご連絡ください。